気になる下半身は足パカダイエットで改善【簡単にできる痩せテク】

大人女子の健康と美容に

女性

大豆と乳酸菌生まれの成分

大豆イソフラボンは、女性の更年期障害の予防や美容に効果があると期待されています。しかし、大豆イソフラボンは、そのままでは効果を、発揮する事はできません。大豆イソフラボンは、腸内細菌に代謝され、エクオールという成分に変化して初めて健康と美容効果を発揮するのです。エクオールは、女性ホルモンと似た構造をしていて、体内で女性ホルモンのような働きをしてくれます。エクオールは、女性ホルモンの量が減ってきた大人の女性の強い味方なのです。しかし、大豆を食べる習慣の多い日本人女性でも、このエクオール産出細菌を腸内に持っているのは約40%と言われています。納豆や豆腐などの大豆製品の摂取が減っている若い世代では30%程度と言われています。大豆イソフラボンを摂取するだけでは、期待する効果が得られない人が大半なのです。自身がエクオールを産出できる体質かどうかは、通販で4000円程度で購入できる検査キットを使って手軽に検査をする事ができます。検査の結果、エクオール産出が出来ない体質だと判定された方は大豆を食べてもエクオールを作ることは出来ません。そこで、最近ではエクオールを効率的に摂取するためのサプリメントが販売されています。1日に必要なエクオールの量は、10mgと言われており、1日あたり50円から200円程度のコストで購入する事が出来ます。エクオールという成分に注目し、その摂取を意識した食習慣を心がける事が、女性の健康美容の維持には重要です。

Copyright© 2018 気になる下半身は足パカダイエットで改善【簡単にできる痩せテク】 All Rights Reserved.